今日:
昨日:
総数:
情報公開
平成29年度研究助成の採択結果
平成29年度研究助成の採択結果は下記のとおりです。

 科学技術試験研究分野A             3件 
 科学技術試験研究分野B(ミニシンポジウム)    0件
 天野工業技術研究所基金             2件
 村田基金分野A                     3件
 村田基金分野B(ミニシンポジウム)        0件 

平成28年度事業報告
平成28年度事業報告

収支計算書
平成28年度収支計算書
平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

役員名簿
公益財団法人 浜松科学技術研究振興会 評議員・理事監事名簿
(平成29年6月10日現在)

平成29年度事業計画、収支予算
平成29年度事業計画

平成29年度収支予算書
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

科学技術交流会2017静岡
科学技術交流会2017静岡


日 時: 2017年 2月 3日(金)、18時15分より21時

場 所: グランディエール ブケトーカイ(葵タワー4F)

題 目:「精密な三次元画像計測のための蛍光球体マーカ」

講 師: 静岡大学工学部 助教 寺林 賢司 先生

講演概要: 画像計測は非接触で複数点を同時計測できるという利点から、人の運動を計測するモーションキャプチャシステムなどとして広く利用されており、計測精度を向上させることができれば、機械システムの運動計測をはじめとする様々な応用拡大が期待できる。
 そこで本講演では、精密な三次元画像計測のために提案した「蛍光球体マーカ」について、基本原理と計測精度、およびその応用例について紹介

第6回 浜松科学技術研究振興会 ミニシンポジウム
フォトダイナミックセラノスティクスに関するシンポジウム


趣 旨: がんの治療には、現在、薬剤投与、放射線照射が主に用いられている。体への負担を少なくしようと光を照射してがん細胞を死滅させようとする試みが始まっている。この手法はセラノスティクスと呼ばれ、がん治療の新しい手法として期待されている。今回のシンポジウムは、セラノスティクスに携わる我が国の研究者が一堂に会し、現状の開発状況を披露し次のステップにつながるヒントを得ようとシンポジウムを計画した。

日 時: 2017年 1月21日(土)、12時より17時30分

場 所: 静岡大学浜松キャンパス、S-Port 3階 大会議室

参加費: 無料

平成28年度研究助成の採択結果
平成28年度研究助成の採択結果は下記のとおりです。

 科学技術試験研究分野A             3件 
 科学技術試験研究分野B(ミニシンポジウム)    0件
 天野工業技術研究所基金             3件
 山田亮三基金                  1件
 村田基金分野A                     2件
 村田基金分野B(ミニシンポジウム)        1件 

平成27年度事業報告
平成27年度事業報告